Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

経営発達支援計画

login
商工会とは
経営発達支援計画

 経営発達支援計画とは

小規模事業者の事業の持続的発展を支援するため、商工会及び商工会議所が、小規模事業者 による事業計画の作成及びその着実な実施を支援することや、地域活性化にもつながる展示会の開催等の面的な取組を促進するため、商工会及び商工会議所が作 成する支援計画のうち、小規模事業者の技術の向上、新たな事業の分野の開拓その他の小規模事業者の経営の発達に特に資するものについての計画を経済産業大 臣が認定する仕組みです。

 森町商工会では下記概要の計画申請を行い、平成27715日付で経済産業大臣より認定されました。
(http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/ninteikeikaku.html)

 なお、森町商工会の申請計画の内容は、第1次申請で採択を受けた70件(83単会)と共に中小企業庁のホームページに掲載されています。
(http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/nintei_download/22-36.pdf)

 今後は計画内容に基づき、より一層小規模事業者伴走型支援を行っていきます。

 森町商工会 経営発達支援計画 概要

実施者 森町商工会
実施期間 平成27年 4月 1日 ~ 平成32年 3月31日
目標  小規模事業者の持続的発展を実現するため、森町の強み、弱みと地域課題を踏まえ、関係団体との連携強化を図りながら、小規模事業者の持続的な支援を行う。
 具体的には、小規模事業者の抱える諸課題の解決のため下記の事業内容を推進し地域経済の活性化に応える事業を展開する。
 また、森町の特色ある観光資源を有効に活用し新東名高速道路の更なる利活用を模索し観光交流客数の増大を図る。
 加えて、地域経済の活性化の方策としては、「森町の商工業を元気にするプロジェクト」の推進により商工業の発展はもとより、観光素材の掘り起し等を進めながら、21世紀の観光森町に相応しい「遠州の小京都」づくりを推進し当地域の経済波及効果の拡大を図っていく。
事業内容 1.経営発達支援事業(Ⅰ~Ⅴ)
Ⅰ.地域の経済動向調査
  ・毎月巡回訪問時の「小規模企業景気動向調査」による実態把握。
  ・当町の基幹産業である製茶業・和洋菓子店の景気動向調査。

Ⅱ.経営分析・需要動向調査
  ・小規模事業者の経営分析・需要動向調査
  ・他の支援機関との協調による財務諸表を元とした経営分析。

Ⅲ.事業計画の策定・実施支援  ・事業計画策定を目指す小規模事業者の掘り起し。
  ・経営計画策定セミナーや個別対応による策定支援。
  ・小規模事業者経営発達融資制度の活用。

Ⅳ.創業・経営革新支援
  ・創業希望者と当会との相談マッチング創出。
  ・近隣商工団体が開催している創業塾との連携による策定支援。
  ・経営革新チャレンジ支援。

Ⅴ.小規模事業者販路開拓支援
  ・県内外で実施される展示会・販売会への参画機会支援。
  ・海外向けセミナーの開催による新たな販路拡大支援。

2.地域経済の活性化に資する取り組み
 ・新東名高速道路開通のビジネスチャンスを活用するため設置した「森町の商工業を元気にするプロジェクト」による課題点の調査・解決策の検討、元気プランの策定

進捗状況報告は以下の資料をご覧ください。

 
平成27年度事業評価



平成28年度事業中間評価



平成28年度事業評価