Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

サブロク協定について

login
お知らせ

商工会より

サブロク協定について

「サブロク協定をご存知ですか?」

時間外労働を行う場合にはサブロク(36)協定が必要です。
〇労働基準法では、労働時間は原則「1日8時間・1週40時間以内」とされています。これを「法定労働時間」と言います。
〇「法定労働時間」を超えて、従業員に時間外労働(残業)をさせる場合には、
 ・労働基準法第36条に基づく労使協定(サブロク協定)の締結
 ・労働基準監督署への提出
 が必要です。
〇サブロク協定においては、「時間外労働を行う業務の種類」や「1ヶ月や1年あたりの時間外労働の上限」を決めなければなりません。


詳細は下記「サブロク協定をご存知ですか?」及び厚生労働省のHPをご覧ください。

     
「サブロク協定をご存知ですか?」

厚生労働省 労働時間・休日について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000108634.html